正しい知識を得ましょう|胃がんや前立腺がんの転移を阻止|効果的な免疫療法

胃がんや前立腺がんの転移を阻止|効果的な免疫療法

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい知識を得ましょう

ナース

促す取り組みが進みます

ピンクリボン運動等で、乳がん検診の大切さは今やどんどん社会的に広がりつつあることが言えます。そもそも、初期の乳がんなら手術や治療で治すことができる病気とされていますが、乳がんを放置してしまうと他の臓器等にがん細胞が転移します。その事態になれば命にかかわる病気になりかねないため、早期発見するためにも検診は大切な役割を担っているのです。そのため、一部の市町村では乳がん検診の費用の助成を行っています。また、民間会社においても検診クーポンを配布する動きもみられています。このように公私関係なく、乳がん検診受診を促す取り組みが行われています。今後は現在より乳がん検診の費用の助成を行う市町村が増えるなど、乳がん検診を促す取り組みがさらに進むことが考えられます。

油断は禁物です

乳がんではないかと気付く基準として、乳房にしこりがあるかどうかが挙げられます。しかし、自ら乳房を触ることでしこりを確認できるときはすでに乳がんが進んでいるケースが多いです。そのため、しこりを確認してから乳がん検診に行くのではなく、しこりを確認する前から乳がん検診を受けることが大切になります。しこりが手触りで確認できなくても乳がんが発生しているケースもあるからです。また、乳がんは30〜40代の女性でも発症している病気にもなっています。そのため、「まだ若いから」という理由で乳がん検診を怠ると乳がんに気付かず、乳がんを進行させてしまう恐れもあります。そのため、若いうちから検診を受けておくことが大切となります。