大腸のがんの特徴|胃がんや前立腺がんの転移を阻止|効果的な免疫療法

胃がんや前立腺がんの転移を阻止|効果的な免疫療法

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸のがんの特徴

カウンセリング

発症の原因

直腸がんは、大腸がんの一種です。日本人の男性のがん死亡率の第4位、女性に至っては死亡率の第1位を占めています。直腸がんの死亡率は年々増えており、この先も増加が見込まれています。その主な原因は、日本人の食生活の変化です。外国の食文化の特徴である、動物性脂肪の過剰摂取が、最大の要因とされています。特に、ベーコンやハム、ソーセージと言った加工肉は、直腸がんのリスクを高めます。飲酒および肥満などの生活習慣も、原因となります。罹患率は、50歳代から増加し、年齢を重ねるほど高くなります。女性より男性が発症する事が多く、その差は2倍に及びます。また、直系の家族に同種のがん患者がいることも、リスク要因とされています。

早期発見でほぼ治療可能

直腸がんの罹患者数に対して、死亡者数は約半分になります。この生存率約50%という数字は、他のがんと比べると、比較的高い部類になります。それもそのはずで、早期発見ができれば、100%近く治療する事が可能ながんなのです。その100%近く治すことが可能なはずの直腸がんで、罹患者の半分の人が亡くなっている理由は、早期の段階での自覚症状の乏しさに他なりません。直腸がんの主な自覚症状である血便が確認された頃には、かなり進行した状態だったということも少なくありません。そのため、自覚症状が無い段階でのスクリーニングが、最も有効な手段となります。幸いにも、直腸がんのスクリーニングは地域に普及しており、食事制限も無く、簡単に受けられるものが多いです。