胃がんや前立腺がんの転移を阻止|効果的な免疫療法

医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きさは関係ない

聴診器とPC

乳がんは、若い女性がなりやすい病気の一つになります。乳がんは、乳房の大きさに関係なくなる可能性があります。そのため、誰もが発症する可能性があります。自分で簡単に調べることもできるので、しこり等がないかチェックしましょう。

もっと読む

大腸のがんの特徴

カウンセリング

直腸がんは、動物性脂肪の過剰摂取などにより引き起こされるがんです。初期の段階であれば、100%近い確率で治療することが可能です。ただし、自覚症状の乏しさから発見が遅れる傾向にあり、罹患率に対して生存率は、約50%となっています。

もっと読む

免疫力の重要性

医師

胃がんや肺がん、前立腺がんなどがんの治療をする上で大きな問題となるのが、体の免疫力です。そのため、体が本来持っている免疫力や自然治癒力を高めることが、治療に大きな成果を与えることが昨今は取り沙汰されています。こうしたことから、現在では東洋医学的なアプローチでがんを治療する医療機関も登場しているのです。このような医療機関では、主に漢方薬を使った治療を行います。様々な生薬を適宜使用して、体の免疫力や自然治癒力を引き出していくのです。東洋医学では、がんを直接攻撃するのではなく、体の力を高めてがん細胞の勢力を弱めていきます。気血水のバランスを整えるという一見遠回りにも見える方法をとることで、がんに負けない力を体を取り戻していくのです。

がんの勢力が強くなると、転移したり深い浸潤を起こし体にダメージを与えます。このような場合でも、例えば体の抵抗力が高まればがんの悪影響に対峙することが出来るのです。がんは時に積極的な攻撃を加えることで勢力を一層強めることがあります。手術や化学療法の副作用で体の抵抗力が落ちた場合に、一気に増殖してしまうことも考えられるのです。そこで最近では、自分の免疫細胞を強化してがんを克服する免疫療法も一般的となりつつあります。免疫療法は一度細胞を取り出し、強化した上でもう一度体内に戻す事により、がん細胞を駆逐する治療法となっています。こちらは前立腺がんから胃がんなど一般的ながんの殆どに効果的な治療となっており、転移したがんにも有効な方から進行度問わず様々な患者に利用される治療法となっています。

正しい知識を得ましょう

ナース

乳がん検診の助成を行う機関が増えてきました。今後も増えてくることが考えられますが、一方で乳がんは若いうちから発症しやすいこと、自覚症状なくても発症しているケースもあることを一人一人が念頭に入れつつ、検診を受けに行く必要があると言えるでしょう。

もっと読む